ブログネタ
バイクなんでも に参加中!
しつこいのは重々承知してますが、
100万円ぐらいする買い物、慎重になりますよね。
image
トライアンフ スピードマスターのグラファイトグレーです。
YAMAHA BOLT R のマットグレーと見た目、似てますよね。
一番の違いは、エンジンですが、まずは車体サイズから、、。
image
長さ76mmトラが長く、幅50mmヤマハが広く、50mmトラが高い。
ホイールベース30mmトラが広く、シート高1mmヤマハが低い。
タイヤは、ヤマハは、100/90-19とリア150/80-16インチ。
トラは、フロントは同じ、リア170/80-15インチ。
タンクはヤマハ12L、トラ19.3Lです。
image
各部は全然違うのですが、サイズはほぼ同じです。
大きな違いはエンジン、タンクですよね。
image
ヤマハ941cc、247kg、トラ865cc、250kg、、、
トルクは、80と72NM、111% ボルトが強く、パワーは、52と61PS で、トラ 117%
何を細かな点をという方々もいらっしゃるでしょうが、10%以上の差は大きいのです。
image
親父は買わないけど、いいバイク  YAMAHA MT-9 です。
3気筒の、846cc、186kgのバイク。スポーツバイクですよね。
峠で早い早い。数台持てるなら、1台欲しいバイクです。
image
110PS、88Nのハイパワー、188kgの軽量、、、
ただ、8,500回転回さないと、88NMは出ないんです。
ボルトは、3,000回転でフルトルク80NMです。
アクセルの開閉だけで、、加速減速出来ます。
image
仕事用、メッセンジャーバッグを付けたり、たまの2人乗りでも、
キャンプツーリングでも、、、やっぱりボルトかな?
このシートもイイ感じですよ。320km全く問題無い硬さ、形状。
もう長年YAMAHAのバイクに乗っている親父には、シックリ馴染みます。
image
マフラーガードのデザインが、もうYAMAHAって主張していますよね。
ブラックと削り出しのシルバーのエンジンとホイール、イイんです。
これでもかと、黒とシルバーで、統一されてます。
アクセントカラーはリアサスのゴールドですね。
image
教習所に展示されていたブルーのスピードマスターです。
ブラックのエンジン、シッカリした造りですよね。
ボルトと比べるとピカピカした感じがします。
image
タンクオンのスピードメーターと、ハンドルにタコメーター。
プルバッグした広いハンドル。
スペックでは、50mmボルトよりも狭いのですが、広く感じます。
image
ステップは、ボルトよりも少し前に見えます。
ライダーの体格の差もあるのでしょうが、
スピマスは、ゆったり、ボルトは少しだけ前傾。
キツイ感じは無く、自然なポジショニングでした。
image
親父ライダーは、178cmなので、、ほぼ同じ感じ。
いつも幅のあるタンクのDS-400 に乗っているので、
ボルトのタンクが細く感じました。ひざでニーグリップするバイクでは無いのです。
渋滞ノロノロ走行の時も、エンジンの暑さは、そのせいか全く感じませんでした。
image
何の音なのか、、大きいメカノイズだけが欠点、、あの1台だけの症状?
ボルトに乗っている方々、どうですか?
左側から聞こえません? カタカタって感じの音、、、。