ブログネタ
バイクなんでも に参加中!
昨日、思わず「ザ ランナウェイズ」の記事をみたので、
なんか芋ズル式に懐かしい記憶が、、「バングルス」は好きですか?
image
1988年「Eternal Flame」胸いっぱいの愛が、ヒットしました。
あの甘ったるい歌声が好きなんです。
スザンヌホフスちゃん、、、好きなんです。
image
今も歌っているみたいです。今も綺麗です。26年も経ってるのに。
「Walk Like An Egyptian」とか「Hazy Shde Of Winter」とか好きなんです。
なんか可愛くて、、。
image
当時の日本のアイドルって、色っぽくなくて、、彼女らの方が好きだったんです。
親父が、16歳の頃聴いていた「ザ ランナウェイズ」を、
思い出させるガールズバンドでした。
16歳の頃の青い自分を思い出して、、1988年、当時28歳でした。
昼は、座間キャンプで、芝刈り、落ち葉清掃のバイトをしてました。
夜は、カフェバーで、、。みんな元気でしょうか?
image
それまで乗っていたHONDA「レブル250」から、
「ヤマハ ビラーゴ400」に乗り換えた頃です。
深緑のドラッグバータイプでした。
ビラーゴって、悪女、じゃじゃ馬娘って意味らしいです。
あのバイクは今は何処に、、、もう走ってない?  
image
速いバイクの印象が有りました。町田市の店から横浜元町まで15分ぐらいで、、。
調べたら、XV-400 185kg、40PSでした。良いバイクでしたよ。
XVS-400は、234kg、30PSです。重いのです。
何と無く蜂のイメージですよね。
当時の彼女、今の女房は「蜂みたい」って言ってました。
image
まだシャフトドライブの400ccが販売されたばかりで、荒削りのバイク。
少し急なシフトダウンするとキュって後輪がロック、、。
まさに「じゃじゃ馬娘」です。でも、それが良かったのです。
当時、FZR-400とか、59PS、157kgで、軽い速い。
image
クリスマスイブの夜には、サンタの格好して、ノーヘルで、
友達の子供たちの所に、、4〜5件ぐらい回ってました。20〜30kmぐらい?
小田急町田駅のロータリーで、カップルの女の子から、
「サンタさん、頑張ってー!」と手を降っての声援。
視線を合わせずにピースサインで、60km/hでもう1周走るサンタでした。
image
まだ宅配ピザとかなかったですよね?  浅野さん?
今の「ピザ屋さんサンタ」は、ヘルメット被ってますね。
当時、少なくとも「ピザ屋さんサンタ」は走ってなかったと思います。
もしかして、若き日の親父ライダーの行動がヒント?
今、思い出しました。
今も着ている「ショット G-1」の上にサンタ衣装でした。
image
今、購入候補No1の「トライアンフ スピードマスター」は、250kg、61PSです。
XVS-400より、16kg重たくなりますが、パワーは倍に。
タイヤサイズ、ホイールベース、ほとんど同じです。
有り得ないけど、「ヤマハ ドラックスター」のCOPY?
エンジンがデカくなる分、車高がヘッドライト1つ分上がりますが、
176cmの親父には丁度イイんです。アップハンドルはNGの面倒な親父です。
DS-400だと、猫背になって、窮屈なんです。肩甲骨あたりに負担が、、。
image
「ヤマハ BOLT」も、体格的には、丁度イイんです。
だから、後ろ髮引かれます。良いのがわかってるんです。
この角度、この造形、、山葉「Star」ブランドです。247kg、52PSです。
トライアンフのDOHC2気筒に比べると、V型SOHC2気筒なので、パワーダウン。
実は、トライアンフの方が走るんですが、、それは大人の対応を、、。
アメリカヤマハのサイトでも、VSしてませんね。
image
ガラッと話しが変わりますが、、
ガールズバンドではなくて、、、ガールズバーとかって行ってます?
女性の方は興味の無い話題でしょうが「ガールズバー」と「キャバクラ」の差は?
image
カウンター越しか、隣に座るかの差ですよね。
衣装も違いますよね。
隣に座って、ボディタッチとかされると、ウブな親父はメロメロに、、?
香水の香りで、、もう酔っちゃいます。
でも、カウンター越しに見つめられて潤んだ瞳で話されると、、、
それはそれで、メロメロ。
どっちにしろメロメロになって、、美味しくお酒をいただけます。
先日は、キャバクラで酔って財布無くした親父ライダーです。