ブログネタ
バイクなんでも に参加中!
晴れてる日は、ほぼ毎日、50〜200km仕事で街中をバイクで移動してます。
渋滞の中も、静かな住宅地も、景色の良い海沿い、山沿いのワインディング、
行き先、時間は選べないのですが、バイクでの移動は楽しいですよ。
image
いろんな不特定の場所に行く仕事なんで、
自ずとお昼はラーメン屋さんが多いのですが、今回はお寿司を、、。

オバマ大統領と阿部総理が、銀座の「すきやばし次郎」さんに行かれた事が、
ニュースで、、、、14貫を召し上がったとか、? 残したとか?
「すきやばし次郎」7年連続ミシュラン3つ星なんですね。
image
「すきやばし二郎コース写真集」っていうのがありました。
基本おまかせで約10カン以上出されて、¥30,000との記事も、、。
一般庶民の親父ライダーは、もっぱら回転寿司屋さんですが、
3つ星のお寿司屋さんで、いつかはいただいてみたいです。
アメリカの大統領が、「人生で一番美味しいお寿司」との太鼓判。
親父が食べているお寿司の30倍のお値段なんですね。
image
「数寄屋橋」って、江戸城外堀に架かる橋の名前です。
数奇屋とは「好みに任せて作った家」=茶室で、
織田信長の弟、織田長益の茶室から名付けられているとの事、
織田長益は「有楽斎」と名乗り、徳川家康から与えられた土地は、
有楽原と呼ばれ、後の有楽町と呼ばれます。
次郎さんは、当然一郎さんの弟ですよね。太郎さんの弟?

家族でいろんな回転寿司屋さんに行きますが、
親父ライダーのイチ押しは「はま寿司」さんです。
image
安いですが、かなりのクオリティーですよ。
前にも書いたのですが、始めて「はま寿司」さんに入ったのは、
伊豆伊東のマリンタウンの前のお店です。
image
「まぁ綺麗なお店だし、1皿 ¥105なら外してもイイか?」ぐらいの、、。
ところが「あれ?美味しい。さすが伊豆の回転寿司!」と勘違いしてました。
牛丼店「すき屋」を経営するゼンショーグループさんの全国展開のチェーン店でした。
この前、横浜の我が家の近所にもオープンしました。
image
ところで「すきやばし次郎」と「すき屋」ってなんか関係あるのでしょうか?
たぶん無いですよね?
image
「はま寿し」さんで、特に気に入ってるのが、お醤油が選べる事。
ネタによって使い分けたり、自分の好みで違うお醤油で握りをいただけます。
「俺は博多出身だから、このお醤油がよかとよ。」とか、、。
ぜひ一度試してくださいね。

image
仕事中のお昼ごはんで、ラーメンの次に多いのが、牛丼です。
これも大抵「すき屋」さんにお世話になっています。
バイクにずっと乗ってると、食欲が減るのか?
頭では、いろいろ食べてみたいのですが、いつも大抵「牛丼並で」と注文。
紅ショウガを乗せて、七味をかけ、あの赤いスプーンでいただいてました。
でも、今回の事件です、、、。あまりテレビとかでは報道されてません。
image
「吉野家」さんに対抗して始めた「牛すき鍋定食」が引き金となって、
従業員の大量離職、ボイコットにより、人手不足?
閉店中の店舗も多くなり、もう250店舗くらいになってるそうです。
image
ブラック企業?  職場環境改善とか、パワーアップ工事とか、「ブレイクシフト」?  
大丈夫ですか?辞めた従業員の意見をキチンと聞いているのでしょうか?
今時、低賃金で過酷労働では、まかり通りませんよね。
他人事と思えないです。  牛丼並 ¥270 税込 少し安過ぎますよね。
image
企業側はもう少し従業員に利益還元しないと景気なんて良くなるわけないですよね。
お昼時の「すき屋」さんの従業員さん達は、見ててもテキパキ忙しそう、
今の時給の倍額でもいいと思うのですが、、それでは経営が成り立ちませんか?

お店の立地によって奥さんパート、学生さんの多いお店、偏りがありますが、
彼ら彼女らの「働くプライド」を保証してあげられる企業こそが支持される社会に、
今、何でなっていかないのでしょうか?  利益のみではもうダメですよ。
image
勝手な客の目線で、、、言わせていただくと、
あのマクドナルドに比べて、半分のクルーで回してるように見えます。
マクドナルドは小さな店舗でも5〜10人くらいのクルーがカウンター内にいるのに、
「すき家」さんは、2〜3人のお店も、、。他の牛丼チェーン店も同じですよね。
牛丼チェーンを経営する経営陣は、マックとかに何かを感じて欲しいのですが、、。
image
「マック」は、「カフェ勉」とかの場所にもなっていて回転率は、
牛丼チェーンに比べるとメチャクチャ悪そう。
親父ライダー自身、時間調整などで、ホットコーヒー、チキンクリスプの¥200で、
下手すると1時間くらい滞在させていただく事も良くあります。

多くの従業員が不満をもつ会社の料理、食品は怖くて食べれませんよね。
何より美味しくなさそう。皆さんは冷凍食品の事件、もう忘れてます?
image
横浜発祥の牛丼チェーンなので、親父は応援したいのです。
「すき屋」の前身、原点「ランチボックス」は今でも建物はあるらしいですね。
ぜひ、現経営陣は、大黒交差点のお弁当屋「ランチボックス」に集まっていただき、
「すき屋」創業の頃の気持ちを取り戻して、、再出発して欲しいのです。
一般庶民のお昼ごはん、安くて美味しい牛丼をまた食べさせてください。
お店の名前が自分の名前と似てるので、他人事と思えない親父なんです。
image
「数奇屋門」と呼ばれる建築様式の画像です。
「数奇屋」の意味は、たぶん「好きに任して作られた家」ではないと考えます。
「茶道」という庶民からしたら、わけのわからない物の様式や、
その豪華さを比喩して庶民から、そう呼ばれて、
「面白いですね。そう呼びたければ呼べばよい」という感じかと、、。
image
「茶道」の潔さ、シンブルさと、
「好きに任せて食べたい物を提供する」というのは、180度方向性が違います。
「数奇屋」の意味や「禅」の意味を勘違いしてませんか?
それが「すきやばし次郎」と「すき屋」の差ですよね。
ここを、わかっていただけます?

オバマ大統領、阿部総理のお二人で、
銀座ではなく、上野辺りの「すき屋」で「牛すき鍋定食」を食べて、
「文明開化からの日米関係」を考えて欲しいのですが、、。
「格差社会」「TPP」についても、、。
image
ゼンショーの社長さんの「すき屋」のネーミングを決める時の想いに、
「横浜発祥 牛すき焼き鍋の店」という意味と、
「お客様が好きな物を安く美味しく食べてもらい好きになって欲しい」
の両方があったんでは?
image
ただ単に関西出身の社長が「アイラブユー」「好きやねん」、、
石川県出身? 東大卒、吉野家入社?  全共闘出身?
文明開化、開国、牛鍋発祥の地横浜のテイスト、なんでもあり、、、
最近の「すき屋」のあまりにもいろんなトッピングメニューを見て、
「あれ?」と感じてたお客さんも多かったのでは、、。
ただ単に増やし過ぎではないですか? それは禅の考え方ですか?
あの「ラーメン花月嵐」さんですら、何を頼むか悩むのに、、。
image
「はま寿し」さんは、大丈夫ですよね?
「カッパ寿し」さんは、今後どうなるのでしょう?

PS、今回は「すき屋」さんに負けずに記事が多くなりました。
最後まで読まれた方、すいません。
多過ぎますよね。
親父もまだまだ「茶道」「禅」の世界には到達出来ません。
同じバイク乗りに免じて、許してくださいね。