ブログネタ
バイクなんでも に参加中!
キャンプツーリング料理シリーズにしちゃいましょうか?
違うメニューと、その周辺?の細かすぎるポイントの紹介。 

まずは、「ジャンバラヤ」です。
image
「パエリア」もいいのですが、「ジャンバラヤ」のほうが、ちよっと珍しい?
アメリカ南部のソウルフードです。
スペインのパエリアが海を渡り、アメリカ南部の黒人の間でアレンジされた物。

キャンプツーリングの時は、少し早めに、
16:00ごろには、野営地近くのスーパーか、コンビニで、食材調達します。
よほど山奥とかでなければ、コンビニの近くでも、いい所あるんです。
そこは経験からの勘と、事前の情報収集がポイントです。
「コンビニが、自分の冷蔵庫」って感覚です。
image

食材、飲み物はビニール袋2枚重ねで、カラピナで荷台のどこかに固定。
外積みです。あんまり買い過ぎると夜逃げ状態にしか見えません。

「ジャンバラヤ」の材料です。
お米は2合ほど家から持っていきます。固形コンソメを2、3個も。
野菜は、玉ねぎ、セロリ、ピーマン。
セロリとピーマンは1個売りがなければ、シシトウを。
缶詰は小さなトマト缶、コーン缶を買います。
image
チョリソーウインナー、無ければ普通のウインナーでも、、。
小さめのむきエビを購入。あとサルサソース「オールドエルパソ」を。
だいたいの大きなスーパーならあると思いますが、無ければ代用で。

まずは下準備、野菜を調理バサミで、みじん切りに。
お皿に切った野菜を分けておきます。
クッカーで多めにお湯を沸かします。
缶詰のフタを開けて、チョリソーを適当に切って、エビと調味料も手の届く所に。
下準備が出来たら、冷えたビールをプシュ。
image
LODGE「スキレット8インチ」を火にかけて、強火でガンガン鍋を焼きます。
煙が出てきたら中火にして、オリーブオイル、ニンニク、玉ねぎ、生米を炒めます。
お米、玉ねぎが透明になってきたら、トマト缶、コーン缶、サルサソースを入れます。
水分が足りなかったらお湯を、お米よりも1cm上に水がくるイメージで足し入れます。
コンソメをつぶし入れます。塩も適当に。
スプーンでよくかき混ぜて、グツグツ。
少ししたら、チョリソー、エビを上に散らして、火を少し弱めます。
アルミホイルでフタをします。スキレットを包む感じ、きっちりでなくてイイですよ。
約15分間くらいで、5〜10分間蒸らします。完成です。
image
写真は、パエリアですが、あまりこだわらずに、好きな具を入れてくださいね。
アサリ、有頭エビ、グリーンアスパラ、チキン、ひよこ豆、舞茸、、。
でも、欠かしたくないのが、カットレモンです。

image
2品目は、「簡単ローストチキン」です。
準備する物。鳥肉、何でもいいのですが、皮付きのモモ、正肉あたりが無難。
オリーブオイル、ニンニク、クレージーソルト、レトルトのパスタ用トマトソース、
じゃがいも1個、玉ねぎ1個、いんげん、、、。
image
まずは、鳥肉にオイル、ニンニクを刷り込みます。ビニール袋に入れて適当に揉みます。
肉汁、血が出てきたら、捨ててください。
炭をいつもより多めに起こします。飛騨コンロとガスストーブを両方使います。
火のついた備長炭を多めに置いた飛騨コンロの上にスキレットのフタを焼いておきます。
スキレットをガスストーブで煙が出るまで熱します。
オリーブオイルを少し入れて、鳥肉を皮を下にして焼きます。
image
皮が焼けたら、スキレットのフタを一度よけて、
飛騨コンロの上にスキレットを移します。
半切りにしたじゃがいも、玉ねぎ、インゲンを入れて、鳥肉をひっくり返し、
多めにクレージーソルトを降ります。
image

熱いスキレットのフタをして、焼けた備長炭をフタの上に乗っけていきます。
皮のグローブ、アルミホイル割り箸は必需品です。
15分間ぐらいそのまま。冷たいビールでも飲みながら、、。
一度フタの上の炭をよけて、フタを開けて、調理バサミの先を肉に刺して、
火の通りを確認します。
image
ソースは好みでしょうが、なるべくサッパリ食べたいので、油は全て捨てます。
あっためたパスタ用トマトソースを適量かけて完成。
野菜が硬かったり、芯が残ってたら、残しておいて翌朝ミネストローネに、、。
image
野菜、チキンを細かくハサミで切って、トマトソースの残りをお湯に入れて、
コンソメまたは、塩で味付けて完成。「残り物ミネストローネ」です。

なるべく買わない、余らせない、余っても食べ切る。
なるべく手をかけず、美味しく、工夫していただく。
かなり親父臭いですね。 
image
今更ですが、「パエリア」「ジャンバラヤ」「リゾット」「ピラフ」「お粥」
お米料理は、イイんです。
親父世代は、特に「食べ物は残しちゃダメ」で育ってるので、、。
「欲しがりません。勝つまでは!」「じゃあ勝ったらいいの?」「イイんです。」
image

でも、お財布にも優しく、満足できて、ゴミの処分も楽です。
一番かさばるのは、ブラスチック系のゴミですね。
ペットボトル、トレイ、ブラスチックカップ、、。袋はまだ小さくなるので、、。
朝食を済ませ、キャンプ撤収し、積載したら、
家に帰るただのツーリングライダーです。
ゴミはビニール袋で外付けして、買ったお店まで行って返します。
他の店に平気で捨てれるほど、図々しくない真面目な親父ライダーです。