ブログネタ
バイクなんでも に参加中!
祭りの後って、どうしてますか?
すぐに切り替えて仕事や勉強? 
次の何かに目を向けないと。
image
前回までは「米軍キャンプ」でしたが、
屋外の自然の中で、寝たり、食事したりのキャンプについて、、。
今日は休みとはいえ、もろもろ、、仕事もあって遠出できないので、
家から5分の好きな場所に、、。2回目の登場です。デイキャンプ?
写真、地味ですが、許してくださいね。
image
横浜市内でも親父の住んでる所は、かなり田舎ですよ。
この写真から、5分ぐらいで、ホタルの生息地もあります。
この公園は、ズーラシアの近く、新治という地域です。
この公園、親父しか使ってないようです。オリーブの樹もありますよ。
image
ほとんど人通りもないので、大胆に橋の上の日陰にバイクを停めて、お昼にしました。
川の上を流れる風は涼しく、水の流れる音もイイんです。天然クーラーです。
今日も本当に暑いですよね。
image
途中のLAWSONで、
カップ入りの氷、ノンアルコールサワー、冷製パスタを、買ってきてて、、、
ミニラジオで、AM810、AFNです。
やっぱりAFN、イイんです。FENの感覚残ってます。
image
厚木基地に行ってから、よけい感じます。親父はやっぱりアメリカの音楽好きなんです。
真夏の天気のいい昼間、日陰で、
川の水の流れる音と、まわりより冷たい風にあたりながら、、、
氷たっぷりの飲み物、、、イイんです。
image
この写真は「一宮」のとあるキャンプ場ですが、上の場所とあんまり違い無いですよね。
違いは、スペース、まわり、すぐ近くに民家があるかどうか? キャンプ場かどうか?
横浜の家の近所には、いい場所がいっぱいありますが、キャンプは、、?
不審者扱いされそうですし、地主もうるさそう。
image
やっぱり少し走って、キャンプ場や、大きな川のキャンプ可能な河川敷とか、
いろんな場所でキャンプするって事になります。
コンビニで買ったお手軽ランチの先に、キャンプツーリングがあるような気がします。

ベテランから初心者まで、いろんな方がいると思いますが、
何かヒントにしていただければ、、。
image

キャンプと言えば、テントですよね。
テントなしの野宿でもイイと思うのですが、、、テントはあった方がいろいろと、、。
とりあえず思いつきで買う中古でも、
いろいろ調べて自分が一番気に入った最新式を買うのも、自由。
年に何回使うかを選択基準にするとイイと思います。
購入したら、最低1回は、お庭、近所の公園などで、設営して練習。
その時にファブリーズ、撥水スプレーをオススメ。
現地でモタモタはカッコ悪いですよね。目標5分以内に設置組み立て完了。
image

次は「灯り」です。真っ暗のキャンプは辛いです。
安全性、手軽さは、LEDです。小さめならサブ、インテントでも。
メインのライトは、食事したりするときの気分が違うので、
こだわって下さいね。いろいろあります。ガスがオススメです。

さて、これで、テント、ミニランタン、ランタンと持ち物が3個になりました。
バイクは積載スペースも限りあります。
自分のバイクの幅、積載スペースの最大寸法など考えながら、、。
他に何が自分は必要、持って行きたいか、よく考えて用意するといいと思います。
他の人の装備は、あくまで参考にして、鵜呑みにしないでイイと思いますよ。
手ぶらで連泊の方もいれば、荷物山積みで一泊二日の方も、、。
image
自分がキャンプしようとしてる場所、季節、気温、天気によっても変わりますよね。
真冬用のマミー型の寝袋、封筒型のタイプ、毛布、タオルケット、、
下に敷くマット、クッション、またはベッド、、。
image
当たり前ですが、持ってけば、持ってく程、荷物が増えます。
ガンガン積める車とは違うので、必要性とサイズなど、よく考えて、、。
バスタオルだけでもいいと思います。
親父はしっかりGIコット、ブランケット、バスタオルを持って行きますが、、。
image
椅子やテーブルは、あった方がいいか、なくてもいいのか?
まずは、足りないくらいで、いいと思います。
現地の大きな石や、切り株をテーブルにして、、。
アルミテーブルは薄いので、これを荷台にすると安定して荷物が積める利点も。
サイズ、強度は重要ですね。
image
直火は、基本ダメですよ。
どうしても焚き火したい人はそれなりの準備が必要です。
焚き火台とか、それに変わる物、、。でも、焚き火イイですよね。
そして、ぜひ持って行って欲しいのが、ミニラジオ。
淋しさを紛らわしてくれますし、熊などの野生動物、お化けから守ってくれます。

次は、食事です。
キャンプだからと言って、必ず自炊しなくてもいいと思います。
人それぞれですが、「荷物を増やしたくないので、調理はしない」という方も。
お酒とつまみ、お弁当でもイイんです。
ただ、お湯を湧かせるセットを用意するだけでも、グンとメニューは広がりますよ。
image
オススメは、コンパクトなガスストーブとガスボンベが入る小さめのクッカー。
これに、小さなフライパンもできれば別に一つ。
これがあれば、インスタント食品、レトルト、お湯割、あったかいスープ、
パスタ、炒め物、チャーハン、、、、
image
小さなセラミック付きの焼き網を用意したら、網焼きメニューも、、。
焼肉、焼き魚、椎茸、シシトウ、あたりめ、お餅、、。
あったかい方が美味しい物は、あったかい状態で食べたいです。
アウトドア用の魔法瓶、ポットもキャンプの時はオススメですよ。
食器などティッシュで軽く拭いて、熱湯消毒、洗剤などは不要です。
image
親父の一押しオススメは「飛騨コンロ」と「備長炭」のセット。
軽い珪藻土の小さなコンロと備長炭イイんです。
少し荷物になりますが、バッグに入るサイズなら大丈夫ですよね。
家の中で、炭火焼するとうるさいので、「部屋中、炭くさくなる」「ご近所に迷惑」
「火災報知器が鳴る」とか、、。だから、飢えてるんです。炭火焼に。
image
最近、親父が、はまっているのが、LODGE「スキレット」です。
重たいのですが「ダッジオーブン」に比べれば薄く軽いです。
フタも合わせて使えば、いろいろできちゃいます。
image

これとアルミホイルがあれば、、、
ローストビーフ、チキンや、ピザ、パエリアなんかも出来ちゃいます。
朝、ウインナーと目玉焼きだけでもイイんです、これで食べると気分が、、。
各料理は自分の食べたい物を、事前に自宅で1回は練習しとくと、キャンプでテキパキ。
ピザは少し上級者向けかもしれませんが、
パエリア、ジャンバラヤはカンタンですよ。
image
ローストチキンと、野菜の蒸し焼きはもっとカンタンですよ。
親父は、ランタン、スキレット、飛騨コンロ、ガスストーブ、クッカー、各燃料、
食器、調味料を、大きめのミリタリーのメッセンジャーバック1つに収納してます。
もう方のサイドには、iPad、ミニラジオ、デジカメ、ミニランタン、財布、雨具などの、
すぐに取り出したい物を入れてます。
image
こちらの方の積載方法イイと思いません?
偏り無く左右均等で、アルミテーブル?大型自作キャリアで水平もバッチリ。
ただ、この箱だけは、何か安っぽく感じませんか?
家でも、部屋の中に、これは置いて置いておきたくないです。
好みでしょうが、、キャリーバッグがオススメです。スマートです。
image

この先輩のシルバーの車体なら、シルバーのか、黒いサドルバッグに合わせて、ブラック。
もしくは、その2段重ね。いったい何泊?
キャリーバッグは、今とても安くて¥3,980〜で、売ってますよ。
もちろんツーリングの時だけで無く、出張や海外旅行でも使えます。
これなら部屋の中に置いてあっても、そんなに気にならないですよね。
普段は災害時の緊急避難用グッズや飲料水、食料を入れておくとイイかも?
「何かあった時の為に、キャリーバッグ1個準備しとこうよ?」で奥さんも、、。
image
色、形、容量も豊富で、アメ横とかで、いっぱいいろんなデザインのが、、。
自分のバイクにピッタリのがきっとありますよ。
好きなステッカーとか貼ってオリジナルなキャリーバッグに。
空港のベルトコンベアの上でも、一目で自分のとわかるように、、。
大雨時の防水性は機種によって違うでしょうが、本革のサドルバッグよりはイイはずです。
絶対オススメです。

いざ、キャンプツーリングに出かけて、現地でアタフタするより、
遠出できないお休みとかに、近くの公園まで、用意しで積載して、出かけて、
テント張って見たり、料理作る準備したり、、、
シュミレーションしてから、本番がいいと思います。
それも、案外楽しいんです。
「ママ、あのおじさんなにやってるの?」「ダメよ。見ちゃ」、、イイんです。
image
そこで足りない物があったら。リストアップしておいて、買いに行くとか、、。
バイク用品店や、アウトドアショップだけで無く、
ホームセンターや、¥100ショップ、ドラッグストア、ワークウェアショップなどで、
「これいいんじゃない?」っていう物を見つけると楽しいですよ。
上の写真は、コールマン「ソフトクーラー9L」です。たためます。
夏はキンキンに冷えたビール、氷たっぷりのウイスキーや焼酎の水割りがイイんです。
これに、明日の朝食べる冷凍食品と一緒に入れとくとイイんです。
最近のスーパーなら、保冷用の氷ならビニール袋に詰め放題ですよね。
ドライアイスのあるお店も、。
image
アルミホイル割り箸、風よけ、パエリアのフタ、アルミホイルは便利ですよ。
炭つかみ、トング、ガスストーブ風よけ専用の物はいりません。
何か焼く時も便利ですよ。キッチンバサミも便利ですよ。

調味料は、スーパーなどのお刺身についてくるお醤油、わさび、ショウガや、
コンビニなどでついてくるケチャップ、マスタード、マヨネーズが、
かさばらないので便利ですよ。もちろん自由です。
image
細か過ぎますか?
ヒントにして下さいね。キャンプツーリングの、、!
あんまりゴテゴテ積んでないように見えて、
実は、充実したキャンプを過ごす達人目指して、
あくまで遊びですが、、。

気になる彼女と2人でキャンプツーリングに行って、
「今日の夕ご飯、何にする?イタリアン、アメリカ風BBQ、和食?
ピザ、パエリア、パスタ、炭火焼ステーキ、ローストチキン、
それともすき焼き、しゃぶしゃぶ?」「エー、そんなの何でも出来ちゃうの?」
「でも、サラダ、フルーツ、デザートは、セレクトしてもらえる?」妄想です。