ブログネタ
バイクなんでも に参加中!
飛行機とバイクって、近い存在だと思うのですが、、、
親父だけでしょうか?
ご存知でしょうが「風立ちぬ」に出てるカプロニ伯爵は実在する人物です。
image
映画の中で出てた三枚翼を3セット持つ大型旅客機Ca.60の他、いろんな飛行機や、
戦後はオートバイも生産しています。
映画にはて出来ませんでしたが、カプロニは独創的な設計で、
モータージェットエンジンを搭載した試作機も作ってます。
image
1940年初飛行してます。
日本の特攻用飛行機、「桜花22型」も同じモータージェットエンジンのタイプ。
当初は「秋水」と同じロケットエンジンだったみたいですが、
エンジン性能が不安定で、モータージェットエンジンになったそうです。
image



飛行機というより、ほとんど爆弾です。パイロットの乗るスペースと最小限の羽。
1944年に開発、実用、、ほとんどのパイロットは戦死しました。
靖国神社に実物があります。
ドイツのハインケルHe178 V2は、1939年初飛行の現代ジェット機の祖と呼ばれています。
image
映画の中では、カプロニ伯爵が堀越二郎に、飛行機設計者の意味を語っていますが、
本当はどうだったのでしょう?
高性能にする為に設計され、結果的に美しいフォルムとなる飛行機デザイン?
形で大きく左右する飛行性能は、飛行機の宿命です。
image

ドイツ空軍のメッサーシュミットMe262の図面です。
実戦に使用されたジェット戦闘機。シュバルベ=ツバメです。
He178V2のデザイン、継がれてますよね。
image

多くのネットでの記事でも、誤報?されてるとおもうのですが、
確かに当時のドイツと日本の往復潜水艦の定期便もあり、設計図送られましたが、
潜水艦は、撃沈されて、海の藻屑に、、。
ほとんどは独自設計です。海軍「橘花」きっか、陸軍「火龍」。
こちらは、堀越さんの所属していた三菱や、
糸川さんの所属していた中島飛行機のデザインを、継がれています。
主翼、尾翼の形、全く違います。
限られた材料で、必要な強度を出す結果? 長年の実証機によるコダワリ?
image

YAMAHA、HD、HONDA のバイクです。
コピーデザイン? オリジナルを発展させた結果?
バイクの場合、飛行機みたいに全然違う物にはなりにくい乗り物?
image
日本帝国海軍の偵察機「景雲」Beautifull Clowd、美しい雲、R2Y。
これをジェット戦闘機にする計画が進行していましたが、、、敗戦に。
アメリカの軍事評論家?ミリタリーオタク?の調査で、最近CGによるシュミレーションが、
アメリカのTV番組に、、。観ましたか?
image
航空母艦から、発信される「景雲改」は、当時のアメリカ海軍の戦闘機とは、
ケタ外れのスピードで、アメリカの当時のレーダーシステムに映った頃には、
着弾しています。アメリカ海軍全滅です。
B29は、ツインロケットエンジン搭載の「秋水改」のアタック攻撃で、全滅です。
もし護衛するアメリカ戦闘機が、1957年まで、実戦配備されていたムスタングP51だとしても、、。
image
最高速度784km/hとされているレシプロ機最強?P51Hは、
Me163B1の最高速度960km/hのさらなる改良機の「秋水改」の敵ではあり得ません。
アメリカ航空母艦から離陸したとしても、待ち構える「景雲改」に発見されれば、
本土飛行場から、スクランブル発進した「秋水改」に、
気づかれるとほぼ同時に、着弾しているでしょう?  
戦闘機で、200km/h近いスピードの差は、相手機は、止まってる様に感じるくらいの差。
image
このCGは、アメリカ製ですので、「こんなのデタラメの怪獣映画の、、」なんて、
感じる方もいらっしゃると思いますが、違うんです。現実です。
垂直尾翼は、ドイツデザインが入ってますが、、。
image
海軍局地戦闘機「震電」です、Thunderbolt。750km/h。
若い人は馴染みの無い画家「小池繁雄」先生の絵です。
親父世代には、ブラモデルの箱の絵で、馴染みの先生なんです。
中島飛行機の後継会社「富士重工」のカレンダーとかにも、、。
「震電」は、「秋水改」の現実的な形として、設計されてます。
それこそ「アバンギャルドなデザイン」ですよね。
image
占領軍もビックリの前衛的な飛行機です。
どうなってるのか徹底的にアメリカに盗まれました。
若い世代の人は「どうせ日本なんて、アメリカの真似、、」
違いますよね。日本にあんなに広い芝生の庭を好む文化定着しませんでしたよね。
道路も、歩道も、、、それまでの全てをぶっ壊して、一から作り直す文化も、、、。
車検もあります。ヘルメットも被らなきゃ逮捕?

戦闘機が好きなのは、戦争の為の道具だかではなく、
その工夫や、進化?性能向上の為の変化が楽しいから。