ブログネタ
日帰りツーリング(^o^)/ に参加中!
続きで、ワンデーキャンプのツーリング先の外ランチです。
泊まらないで、朝自宅から出かける時は基本外食ですが、、、。
気が向いた時は、炭火焼ランチ、室内でやると嫁がうるさいので、
親父は外に追いやられます。

前夜と朝ごはんの残りになにかを足してリメイクしてます。
image
昼飯のメニューは焼き鳥の余り1本と冷凍枝豆で「あまり物、親子丼」に。
コンビニでサトウのご飯と生卵2個入りパック、インスタントお吸い物を書い足します。
お湯を沸かして、ご飯をあっためます。
昨夜の残りの焼き鳥、枝豆を少しのお湯で煮て、お吸い物の元で味付け。
最後にカップで溶いた生卵を投入、火を止めアルミホイルの蓋で蒸らします。
熱々のご飯の上にかけて、お吸い物をつけたら完成。
image
わさびがあれば完璧。
出かける前に冷蔵庫のチェック、
お刺身などについてくる醤油、わさび、ピザについてくるオリーブオイル、スパイス、
ケチャップ、マスタードなど、あの小さい奴がイイんです。
塩は本当はこだわりたいのだけど、クレイジーソルトが減らないので、
もっぱら使ってますが、減りません。

「なんちゃってジャーマンポテト」や前の日残りの枝豆が余ってたら、お湯で煮て、
インスタントコーンスープを投入します。「具沢山コーンスープ」
南極探検隊のリメイク料理みたく徹底的にリメイクします。
image
コーンスープでは無く、レトルトカレーに残り物の具を入れたりしても、、、。
ゴミを出しません。「具沢山ビーフカレー」
生ものなどは食べ切り、捨てたり、家に持ち帰ったりしません。
買い過ぎないのが基本!
image
ガスバーナーと縦長のアルミ鍋で作れるメニューです。

残り物が無い時や、ガッツリいきたい時は、スーパー、街のお肉屋さんで、
食べ切れる量のお肉を仕入れ、炭火焼。もう一つの装備、飛騨コンロ再登場。
image
ノンアルコールビールと「一人焼肉」質のいいお肉を焼きます。
ステーキソースで食べます。
いいお肉が無い時は、「チキンステーキとトマトソース、パスタ」とか。
image
鳥肉はお湯で一度下ゆでしてから、炭火で皮から焼きます。
パスタは完成品をビニール袋に分けいれ、お湯であっためます。
レトルトのパックを熱湯できれいにして、何かあっためるのに使ったりもします。
スーパーとかの無料の薄いビニール袋も便利です。
前の日に買ったお肉とか、生焼きは恐いので、この方法でやってます。
一度茹でで焼く、丁度イイんです。美味しいんです。
image
ビールの保冷剤がわりの冷凍食品、インスタント、完成品、レトルト、生の食材を
上手く使い、手間をかけずに、美味しく、余りを出さないで使い切る。
コンビニを上手く使って何処でも気が向いたら外ランチ。
バイクが停められ、他の人の迷惑にならない景色のいい場所で。
image
日帰りで長距離走りたい時や、ご当地グルメが目的の一つの時は、
もちろん外食。お店で食べます。
日帰りでもキャンプ気分を感じたい時は、同じ外でも、外めし、アウトドアランチ。
「コンビニアウトドアランチ」といった感じです。
 
まずはお湯を沸かしてインスタントコーヒーから試してみて、、
それだけでも、とってもイイんです。