親父ライダーのblog

親父ライダーの日記的ブログです。

2013年10月

ブログネタ
バイク大好き に参加中!
急に寒くなったので、「おでん」とか気になりません?
バイクで冷えた身体をあっためてくれそうですよね。
「焼酎のお湯割」と一緒に、、。
image
「飛騨コンロ」でもいいのですが、一酸化炭素中毒には気をつけないと、、。
テント内では、危険ですね。でもテントの中はあったいし、、、。

なぜ、急にこんな事書いてるかというと、、、
「りらく」というマッサージ店に行った時、
「ニッセン男の通販」というFREEカタログを眺めてて、、
「俺の酒場」という焼杉風木枠電気おでん鍋の写真が、、。
image
コンビニとかにも置いて有りますよね。
男心をくすぐるグッズや洋服などがいろいろ、、。
ALPHAのジャケットやバッグ、ロスコの製品とかもありますよ。
image
親父の愛用のソフトシェルジャケット、タクティカルブーツも、、。
バイク乗りにも欲しくなる物がいろいろ。
ニッセン男の通販イイですよ。

通販の事は置いてといて、、次のツーリングキャンプの妄想に、、。
やっぱり「テント内おでん鍋」したいんです。
image
ハーレーテント密閉性がないので、、
なんとテント本体は、入り口方向から見て両脇はメッシュです。
上に張るシートとの隙間から風が入るくらいスカスカです。
image
昔、真冬に今はダムの底になっている宮ヶ瀬でデイキャンプしたのを思い出しました。
鍋にしたのですが、雪が降ってきて「雪見鍋」って言って、雪の中河原で、、。
毛布とかダウンとかいっぱい用意して行って、、10人ぐらいで鍋してました。
image
湯気がすごいんです。寒いから当たり前ですが、、。
「貼るホッカイロ」を貼って、フリースを着て、厚手の毛布に包まれば、
テントの入り口全開でも大丈夫かと、、?
寝る前に炭の始末をキチンとして、、。
image
熱めの露天風呂にゆっくり入ってから、早めの時間からテント張って、、
たまには「おでん」もイイかと、、。

早く次のツーリング行きたいなぁ。







 

ブログネタ
バイク大好き に参加中!
Part2です。
今回は「どんだけの中身か?」 がテーマです。
前回はガワです。今回は具です。
image
親父の一押しは「飛騨コンロ」です。
珪藻土をくり抜いて作られてて、軽く、いい感じに炭火を、、。
これが基本の親父ライダーです。
image
「備長炭」との組み合わせは最高です。
火力、持続性、焼け具合、、普通の炭とは一線を画しています。
それは焼き鳥でも、焼肉でも、食べれば誰でも解るぐらいの差ですよ。
image
フランスのメーカー「キャンピングガス」のガスランタン。
もう30年近く使ってますが、この灯りが好きなんです。
恥ずかしいぐらいのブルーなんですが、イイんです。
image
次は「イワタニPRIMUS」のガスバーナーです。
ちょっとお湯を沸かしたり、親父の場合は備長炭の着火もこれが、、。
朝、二日酔いの親父には、2〜3杯のBlackCoffeeが必要ですが、
そんな時もこれがお湯を素早く沸かしてくれます。
image
風のある時は、アルミホイルで風除けをして、、
アルミホイルはアウトドアでの便利グッズの一番ですよ。ぜひ試してくださいね。
料理にも使えて、この1枚があると無しでは大きな差が、、。
image
¥100ショップでキャンプに使えるグッズをそろえてます。
「ステンレス水切り」は焼き網として使ってます。
普通の焼き網より丈夫で錆びにくいし、手入れも簡単。
image
「ステンレス蒸し器」も便利です。
「焚き火台」として使用してます。
安いし、小さくたためてかさばらない優れものです。
なんか調理の特集みたいに、、?
image
最近買った「LOGDEのスキレットパン」。
パエリアを作ったり、いろんな料理に対応できる優れものです。
image
これも欠かせません。ガスの缶がスッポリはいります。
お湯を沸かして、二日酔いの朝や、景色の良い場所で、
インスタントCoffeeや、カップスープ、麺物などに、、。
image
「SONYのシンセサイザーチューナー付きミニRADIO」。
一人の夜のお供です。
AFNやNHK、地元ローカルFMを聴いてます。
image
「コールマンのLEDミニランタン」。
テントの中、食事の時のサブ照明、夜間はとても便利です。
電池も減りにくいし、イイですよ。
帰ってきたら、テーブルの上に置いて、停電などでも活躍。
image
¥100ショップとIKEAで買ったお皿、おたま、ヘラ、調理ハサミスプーンなどは、
調味料と一緒にメッシュのポーチに入れて、、。
調味料はお刺身とかについてくるワサビ、ショウガ、
ピザについてくるオリーブオイル、レッドペッパー、バジルなど適当に。
後、岩塩くらい。
割り箸を数本、場合によってアルミホイルで巻いて炭つかみにしたり、、。
image
コールマンのアウトドア用ポットも便利です。
多めにお湯を沸かして、焼酎お湯割、Coffee、スープ、食器洗いに使ってます。
使う都度沸かすのも面倒ですよね。
image
寝床用3点セットです。ハーレーテント、GIコット、ペンドルトンブラケット。
これにコールマンのチェア。
image

先日、森林公園で片付けてたら、散歩のおじさんが、
「こんだけ全部バイクに積めるの?」と驚かれていらっしゃいました。
1泊でこれは多い気もしますが、、快適に過ごしたいので、、、。
GIコットは中でもオススメです。
あとは、着替え、タオルなどはデグナーのバッグにつっこんで、、。
背もたれ代わりに。長距離では腰が楽です。
image
2重構造のカップも便利ですよ。
カラピナでバッグに後付するとすぐ使えて調子イイんです。
親父世代はコールマンが安心できるんです。価格の割りに高品質だと思います。
image
アウトドアショップ、ホームセンター、¥100ショップ、IKEAなどで、
安くて試してみたい物をちょこちょこ買って、試行錯誤しながら、、、。
リサイクルショップでも掘り出し物探して、、。
image
ツーリングだけでも楽しいのに、キャンプの楽しみもプラスして、、、
好きなバンドのライブを楽しんで、20年行ってなかった先祖のお墓参りもして、
少し欲張り過ぎですね。

これから寒くなりますね。あったかい格好でバイク乗ってくださいね。














 

ブログネタ
バイク大好き に参加中!
10月13日、14日での様子の続編です。
積載方法や持ち物などをさらに詳しく、、。
親父なりにいろいろ工夫してますので、ヒントにしてくださいね。
image
右手からの様子です。
そんなに満載ではないでしょ?
これなら「よくいるツーリングライダー」。

image
左側の様子です。赤いバッグが長いですね。
コールマンの折りたたみディレクターチェアです。

積み方は順番に説明すると、、
まず右手後ろに赤いバンジーコードを、
ウインカーステーとフレームのフックを使いつけます。
黒いメッセンジャーバッグの巻き込み防止用です。
image
ステンレス製のバッグサポートより手軽で取り外しが楽です。
次は、左側の大きめのメッセンジャーバッグをショルダーベルトを使い、装着。
続いて右側にメッセンジャーバッグを取り付け、リアシートと同じ高さに揃えます。
image
デグナーのズダバッグを真ん中に置き、軽くキャリアベルトで固定します。
右手にハーレーテント、左側に赤いコールマンの折りたたみディレクターチェアを、
ベルトの間に通して、オリーブグリーンのGIコットも左側に通します。
image

テンションを調整しながらベルトを締めて、緩みが無い様に調整します。
荷物の座り、収まり方を調整しながら、、。
実際にシートにまたがり、左ひじの高さを調整し、背中の当たり具合も、、。
イメージは「重役の座る肘掛け付き皮張りオフィスチェア」です。
image
今回はお土産の「崎陽軒のシウマイ」を最後に乗せて、
赤いツーリングネットでフックで優しく固定。¥100でした。
現地近くで買い物した物なども、基本ここに。
image
タンクの上に¥100ショップで購入した画面分切り取ったクッションに、
透明のビニールポーチに入れたiPadを入れて、やはり赤いバンジーで固定。
今回は雨の心配はなさそうだったのでビニールポーチは省きました。
天気がいいと光って見にくいので、、。
バイクのバッテリーからiPadの電源をとり、耳掛け式薄型ヘッドホンをiPadに接続。
バイクの時はヘルメットの中で何時でもいい音で、、周りの音もよく聞こえます。
image
ミリタリーグッズの強化プラスチック製カラピナも便利ですよ。
アメリカ軍採用のモールシステムでいろんなポーチを後付したり、
ちょっとした買い物のビニール袋を後付したり、、、。
今回は買い物全て落とすという大失敗もしましたが、、。
image
これもぜひオススメなのが「迷彩柄レジャーシート」。1,8m×1,8m ¥380。
突然の雨から荷物を守ったり、、赤いツーリングネットとの組み合わせです。
テントのグランドシート、フライシートとして使用したり、
今回はハーレーテントのオレンジ色がやけに目立つ場所だったので、控え目に、
テントのカモフラージュ用に、、本来の使い方ですよね。
ブルーシートより厚くて、、何よりブルーシートってみすぼらしくないですか?
image
もちろん人それぞれ好みは違うと思いますが、、、親父はこんな感じです。

心がけてるのは、色合いをなるべくまとめる。
親父は「赤と黒、そしてオリーブグリーン」たまに小さなブルー。
装着、脱着が簡単。親父は全てで、5分ぐらいです。
なるべくカッコよく見えるように。
イメージは「現代のイージーライダー」?
運転の邪魔にならず、かえって楽に長距離走れるポジション可能な「プラス積載」?

「なんてな? ねえ五郎さん? 」 五郎さんは、何処に行っちゃたんでしょうか?








 

ブログネタ
バイク大好き に参加中!
昨日のBlogはほとんど音楽ネタでしたね。
バイクのカテゴリーでした。スイマセン。
image
センチメンタルシティロマンスのライブに、ゲストでいらしてた戸田恵子さん。
アンパンマンの作者やなせたかしさん、お亡くなりになりましたね。
さっき、クレモンティーヌのアンパンマンがRADIOから、、。
10月16日、朝、横浜には台風26号が大接近してます。
image
10年13日、14日はこんな青空でした。ほとんど無風。
青い空と緑の芝生の中、最高のライブでした。ラッキーです。
image
コンサートも無事終了して、、ゆっくり身支度して、、、
帰り際、芋煮屋さんに捕まり、最後にお湯割もう一杯。椅子を広げて世間話。
いつまでも飲み続けてしまいそうだったので、切り上げました。
バイクの脇で公園管理人のおじさんに「これから横浜まで帰るの?」
と話かけられました。事情を説明し、、
「この辺で無料駐車場なんかでテント張っても大丈夫?」
「ぜんぜん大丈夫だよ。」と力強いお言葉を、、。
image
画像が汚くてスイマセン。もうかなり酔ってて、、。
近くのスーパーまでバイクで行き、買い物して、、戻り、、。
久々に、やってしまいました。
買い物を2枚重ねのビニール袋に入れ、カラピナで外付けしてたら、、、
帰って来たら、、、有りません。
何処かに落としてしまいました。
マフラーには白いビニールの跡がくっついてて、、。
image
仕方ないので、もう一度買い物に行き、公園の職員が帰るのを見計らって、、
公園のテーブルとベンチの脇で焼酎を飲みながら、食事の支度。
ちょうどいい感じの街灯の灯りの中。
2枚で¥1,000のオージービーフ、名古屋コーチン、パスタサラダなど、、。
麦焼酎の水割りをチビチビ、、、。
image
かなり酔ってましたが、何時もの事で備長炭に火をつけ、飛騨コンロに移し、、
パスタサラダを食べながら、うちわで炭火を安定させ、ステーキから焼き始め、、
名古屋コーチンの炭火焼き鳥も、、。
お腹一杯になったところでアスファルトの上でテント張り。
image
ハーレーテント、GIコット、ペンドルトンブラケットの3点セットで朝までグッスリ。
今回は飲み過ぎてて、、テント内の写真とか、、ありません。
今度メインテナンスも兼ねてディキャンプして写真アップしますね。

夜中、近くの林で何か動物の声がしたりしましたが、人は誰も来ませんでした。
明け方、5:00ぐらいに目が覚めて、ボーっとしてたら、早朝ウォーキングの方が、、。
お湯を沸かしながら、テント内の物を全て出して、、。
テントをたたんでから、インスタントコーヒーをGIコットの上に腰掛けて、、。
明るくなってから、撤収です。荷造り。
image
森林公園を後にして、近くのコンビニでおトイレを借りて、煙草を買いたして。
2日目も快晴です。ゴミを捨てさせて頂き、荷物の積載を確認して出発。
愛知県森林公園から伯父さんの住む八百津町まで、約50km。
途中の可児の温泉でお風呂に入って行く事に。iPad大活躍です。
image
天然温泉「湯の華アイランド」に立ち寄りました。¥850。
9:00オープンなのに、8:00前に着いて、バイクを磨きながら、
コンビニで買ったおにぎりを食べてたら、地元のおじさんに話かけられました。
「横浜から来んさった?どえりゃーご苦労だね。」
ひとしきりお話して、、、朝一番風呂に。
オープン前に20~30人くらい人が集まってて、人気のある温泉でした。
image
川の隣にある施設で露天風呂からは川も見えます。
綺麗でイイ温泉でしたよ。少し商魂たくましさは感じましたが、、。
1時間ほどゆっくり入浴して、コインマッサージをして、、。
温泉を出て、伯父さんに電話して美濃加茂郡八百津町に向かいます。
image
八百津町の熊野神社の数件隣の伯父さんの家に、、。11:00ごろ到着。
従兄弟の運転の車で叔母さんと3人でお墓参りに、、。伯父さんは体調が悪いので、、。
自分の母親のお兄さんで、もう78歳になられてました。
久しぶりのお墓参りでも何と無く覚えていました。
平成5年に、おばあちゃんが亡くなった時に行って以来、20年振りでした。
お寺が新品に建て替えられてました。
image
家族全員と一緒にお昼をご馳走になり、いろいろお話して、、。
13:00頃出発。周りをグルっと走って、、、。
子供の頃は毎年お祭りの時や、お盆に八百津に行ってましたので、懐かしさ一杯です。
image
小学生の頃、近所を夜ブラブラしてたら、
小学校の滑り台の所でロン毛の大学生の2人が、ギターを弾き歌を歌ってました。
ベルボトムにハイヒールでした。
「大学ノートの裏表紙に、サナエちゃんを書いたの、でも、、」
今でも歌詞まで覚えています。GAROの様な大学生のお兄ちゃんでした。
image
食事の時にその話をしたら、「そりゃ多分○○さんだ」と、、、小さな町です。
熊野神社「おくまのさま」の大きな杉は、危ないので、つい先日切られたそうです。
子供の頃、従兄弟達とよく遊んだ場所だったので、、、。
昔、この隣に回転する遊具が有りました。
懐かしい八百津町を後にして、GoogleMAPの案内で帰路に。
image
13:00出発、20:00家に到着。だいたい90〜100km/hでのんびり走ります。
途中、御殿場〜横浜町田間、渋滞50kmでした。
50kmの間、ずっとすり抜けで、2日経った今も肩と背中がバキバキにこってます。
2日間で、約800kmの走行のキャンプツーリングでした。
20年、30年、40年、何かと感じさせられた2日間でした。

ROCKとお墓参りとキャンプの組み合わせのツーリングでした。
















 

ブログネタ
バイク大好き に参加中!
Part2です。
「センチメンタルシティロマンス」って知ってます?
image
詳しくはWebで、、興味のある方は調べてくださいね。
親父は中学生の頃、博多の野外ライブで出会ってからファンです。
もう、約40年近い前の事、、。確かダウンタウンブギウギバンドも出てた気が、、?
30年くらい前には、
「スマイリング」ってアルバムの曲を自分らのバンドでコピーしたり、、。
image
すごくいいアルバムですよ。今回も何曲かこれから演ってくれました。
1982年のアルバムですね。親父も当時は22歳でした。
あれからもう30年も経っているのが、、、。あの頃の、、、。
image
「To The Seaside」「Old Love Song」、、いい感じです。
アルバムは違うけど「雨はいつか」も前半に演ってくれて、、。
名曲です。心が疲れてる時は、たぶん染みますよ。
image  
会場の入り口に仮設テントで、芋煮、焼きそば、焼酎のお湯割を売っていて、、
他のテントで、アルバムCD、Tシャツなどのグッズ販売、ビールも、、。
もうお祭りですね。さすが40年の現役バリバリ親父バンドです。
ビール×1、焼酎お湯割×5、、、結構飲んじゃいました。
芋煮、おつまみ、美味しかったです。ご馳走さまでした。
image
ライブは、センチゆかりのいろんなミュージシャンも出て、、、
アンパンマンの戸田恵子さんも、、、。
久しぶりに生で聴いたセンチは、最高でした。
ライブの途中で御祝儀に受付で1万円差し上げたら、
記念CDと記念Tシャツの御返しを頂きました。まさに倍返しですよね。
県立公園なので無料ライブでしか借りられないそうです。
全員にもれなく、この日のために作られたカラーパンフレットも進呈。
image
すごく無いですか? フリーライブですよ。基本無料!
カラーで14ページもあります。
その代わりしっかり空の御祝儀袋も渡されますが、、。カンパも募ってましたね。
でも、バンドからの40年の応援の御返礼の気持ちだと思います。
さすが親父バンドは太っ腹ですね。とくおさん、来年還暦とおっしゃってました。
image
全国から大勢のファンが来てました。平均年齢高いですよ。
親父なんて、まだまだ若造です。
もちろん20~30台の子供世代の新しいファンも大勢いらしてましたよ。
image
1990年に初来日したストーンズに家族3人で東京DOMEに行ったのを思い出しました。
4歳の息子は、「ホンキートンクウイメン」のセクシーな演出に鼻血を出したり、、
開演前に、息子と連れションしてたら、隣りの大学生ぐらいの2人の会話が、、
「イイよな、あの年から生でストーンズ聴けて、うちの親父なんて演歌のみだぜ、、」
聞いてない振りして、しっかり聞こえてました。
image
親父の大好きなバンド「カラパナ」が三浦海岸でライブの時は、息子は確か1歳。
当日早朝、砂浜で一人で散歩してたマッキーフェリーに、ベイビーだった息子は、
ホッペをツンツンされてました、本人は覚えてませんが。
マッキーの死を、正直まだ上手く受け入れられてない親父です。
この写真の真ん中は、今はEXILEのバンマス「キャプテン佐野さん」です。
image
その同じ年、まだオムツが取れてなかった息子は、武道館のクラプトンライブて、
なぜか「アイショットシェリフ」で、お尻フリフリして踊ってました。
後半は何時も眠っていました。
なんか子供を人に預けて行くのは、、気が引けて、何時も連れてってました。

2014年2月23日、初来日から40周年のクラプトンが横浜にも来ます。
「ん?40周年って何処かで聞いた、、、単なる偶然?」
大学受験の息子を連れて家族3人で行こうと思ってます。
でも、受験生なんで無理? 親父一人で、しみじみクラプトンかな?
image
初来日のライブの時、中2だった親父は、2Fのステージを横から観るような席で、
当時のクラプトンの恋人パティがステージ袖に立っているのが見えて、、。
オープニングの「レイラ」で、、ボロボロ涙を流して泣いてました。
「良かった。クラプトンもようやく幸せを掴んだんだ。本当に良かった。」

だいぶ話がそれまくってしまいましたので、Part3に、、、。
バイクのカテゴリーのBlogでした。スイマセン。














 

このページのトップヘ