親父ライダーのblog

親父ライダーの日記的ブログです。

バイク乗りにオススメなのが、ユニクロの防風ジーンズ。
普通のジーンズも真夏はいいのですが、スクーターとかではなく、
下半身に風が当たるバイクでは、すごく楽ですよ。そして安い。
エドウィンでもあったか仕様のファイアーシリーズが販売されてますよね。
image
 まだ試してないのですが、エドウィンのジャージージーンズも気になってます。
 
image
伸びる素材でラクチンそう。ミリタリーパンツもいいのですが、バタつくのが、、、。
夏に試してみたいアイテムです。
上半身はミリタリー、下はジーンズがやっばり丁度いいかな。
ブーツはタクティカル、下着は高機能、、、。
なんとなくバイクブランドのウェアは着たくないのです。
街中やカフェなんかでも浮かない雰囲気のファッションを心がける親父ライダーです。
「泣くなハラちやん」の歌が頭の中でなっています。

 

ブログネタ
バイク大好き に参加中!
前回の炭焼きランチツーリングは、実はキャンプツーリングの予行練習でした。
1泊2日の工程で行き先、野営地、ルートなどを探し考えながらゆっくり走って、、、。
キャンプサイト候補は、静岡狩野川がいいかと、、。
image
 場所によっては、富士山の見える所や、立ち寄り温泉の近くもありそう。
川幅も広く土手も高く、バイクで乗り入れ可能な場所も多くありそうで、
コンビニやひと気のある場所と、河面の適度な距離が良さそう。
 事前の雨の量や川の水量などチエックし、周りの環境を判断して、
場所を探しながらゆっくり走る事自体も楽しそう。
image
 川の水面よりも最低5m以上高い水の来た痕跡の無い場所が、万が一の増水時も安心。
アスファルト道路と土手の中間の、木が少しある感じの場所。
image
 ワンちゃんの散歩やウォーキングの人が、近くをたまに通るような位置で、
キャンプ禁止、BBQ禁止などの立て看板が周りにない場所を、4時ぐらいまでには。

初日は東伊豆海岸周りで「こあじ亭」で鹿肉ステーキランチ 、伊豆の国市の方に向かい、
狩野川沿いにキャンプサイト探し、途中足湯や温泉、スーパーなどで食材買い出し、 
サイトが見つかったら、バイクを降り、河原や周りをチエック。 
夕方にタイミングをはかりテント設営し、食事の用意。 
ぼちぼちつまみながら1人ゆっくり酒を飲み、小さく炭火や焚き火。
絶対まわりに火を移さないように気をつけて。
2日目は、早朝のコーヒーぐらいで、撤収。
富士山周辺をぐるっと周り、道志ルートで家路に。
 新緑、温泉、地元メシ、炭焼き、酒、クネクネ道、、。

誰一人こない所や、キャンプ場でもない、適当な居心地の良さそうな場所に、、、
当たり前のようにさりげなく、わがままに、、、妄想する親父ライダーです。
もうすぐGWですね。

 

ブログネタ
日帰りツーリング(^o^)/ に参加中!
先日、日帰りアウトドアランチ温泉ツーリングに行ってきました。
今回は、ミリタリーではなく、アウトドアってカテゴリーです。
静岡河津の川沿いの公園に、無料の足湯があります。そこに、1人で入っている時に、
活躍したのが、これです。シンセチューナー付きポータブルラジオです。

image

バイクに乗ってる時は、iPadでラジコやインターネットFMを聞いてますが、
バイクを降りてからは、これぐらいが丁度いいと思います。
キャンプ時もテントの中や、今回みたいな1人貸切入浴?の時などオススメです。
帰宅後は、災害時用にも、、、。
バイクのミニサイドバックとして、くっつけている小さなミリタリーポーチに、
財布、デジカメなどと一緒に入れてます。
今回持って行った中の、もう一つのオススメが、これです。
image

飛騨七輪とかコンロと呼ばれてるあれです。
温泉旅館では和服姿の仲居さんが、チャカマン片手に回って来て、
ブルーの固形燃料に火を着け、「消えた頃が、食べ頃ですよ。」、、、。
珪藻土をくり抜いて作られてますので、炭焼きにも良い感じですし、軽くてイイ!
ソロツーリングなら、十分な火力を十分な時間提供してくれます。
これに備長炭の1、2本入れて持って行き、川原の適当な石で、
適当なサイズに叩き割り、焼き網の上に乗せ、バーナーで着火してます。
焚き火用の蒔きとか、紙とかは、一切使いません。後片付けがラク、準備もラク!

image


焼き網は、大きめ、と言っても、300×300mm位の物を乱暴に二つ折にして使ってます。
バックに収納しやすくなるのと、折具合で炭から食材の近さを調整可能だからです。
BBQ禁止とかの立て看板がない場所なら、大抵の場所で炭焼き可能ににする相棒です。
サイドバック替わりのメッセンジャーバックに、他にクッカーセット、割り箸を入れ、
あとは現地調達した食材、水、飲料をカラピナで、スーパーのビニール袋のままつけて、
気に入った場所で、チャチャと仕度し、マッタリ楽しんでます。
 スーパーの袋は二枚重ねで!
今回は、少し前に河津桜の祭り時期に行って、目に止まった足湯のある公園に。
すぐ隣の川原のコンクリート階段で、上のちっちゃいラジオを聞きながら、
炭火で、アメリカ牛ステーキ、豚のタン、椎茸を焼きながら、
マグロの中落ち軍艦巻きを食べて、プシューっとノンアルコールビール?を飲んで、、。
もう河津桜の花は散ってしまってますが、八重桜は今が良い感じ。
炭が燃え尽きるまでの間、酔い覚まし?に足湯に入り、次は撤収開始。
炭火の残りの灰を、草花の無い川原の土手の砂の中に埋め、これでもかと、
タクティカルブーツで、周りの砂、土と混ぜ、踏んで、痕跡は見つからないように!
プラゴミなどは、購入したスーパーのゴミ箱にお返しに。
キャンプツーリング時には、「来た時よりも美しく!」
「他人に見つかる痕跡は、決してのこすな!」親父ライダーの◯◯◯ーです。
気が付けば、もう20〜30年、こんな感じで外飯している自分は、、、、?


 

このページのトップヘ