親父ライダーのblog

親父ライダーの日記的ブログです。

ブログネタ
バイク大好き に参加中!
もう桜も散って、本格的な春ですね。
ただ親父ライダーは寒がりなのか、まだいろいろ対策してます。
流石にもう使わない物もありますが、また寒い季節は巡ってくるので、
今さらながら寒さ対策についてです。まずはこれ。
image
当たり前すぎますが、みんな知っている白元のホッカイロです。
あまり今までつかわなかったのですが、襲いくる年波や、記録的な寒さなのか、
前の冬は大活躍!なんで今まで使わなかったのか悔やみました。
寒いと感じたら、ビニールから出して、適当な場所に貼るだけ。
モコモコにならずにあったかいいんです。
もしかしたら真冬でも薄着の人はみんな使ってました?
ドンキホーテで何回か購入させて頂きました。サイドバックに今も何個か入ってます。
キャンプの時はこれ。

image

ドイツのメーカーの湯たんぽです。キャンプ時に良いかと思います。 
寒そうな時は、寝る前にお湯をテントのなかで沸かして、、、。
image
1人寝の冷えた身体をあっためてくれそう。親父がこれをニヤけながら抱いて、
ペンドルトンの分厚い毛布に包まりながら、、、。
でも気持ち良さそうでしょ?
そして、この冬もやはり欠かせなかったのが、ユニクロのヒートテックでした。
image
クマさん湯たんぽは、親父にはちょっと勇気が必要ですが、ヒートテック下着は大丈夫!
防風ジーンズの下に今でもはいてます。薄くて動きやすくゴワゴワ感など感じません。
もうその存在が無くては耐えられない身体になってしまっている気がしています。
冬の寒い時期、信号待ちの度、皮のグローブの手先をエンジンにくっつけてました。
グリップヒーターやプロテクターはどうも、、、、?
真冬に長距離を止まらずに走らなければならないライダーさんには必要な装備?
ホッカイロやクマさん湯たんぽ、ヒートテックは好きな親父ライダーなのです。
昔、アルミホイルで包んだ焼きトウモロコシをエンジンの隙間に挟んだり、
何とかしてマフラーの間で缶コーヒーをあっためてみたり、、、。
バイクカスタムパーツメーカーの方、真冬用缶コーヒー装着バーツ開発販売して下さい。
爆発しない適温になる奴が理想です。

真冬のツーリング時に、気に入った風景の道端にバイクを止め、
エンジンからあったかい缶コーヒーを取り出し、冷えた手で握りしめ、、。
ジッポでタバコに火を付け、コーヒーを飲みながら風景を眺めるなんてイイかな。
image

 

ブログネタ
バイク大好き に参加中!
今回は自分の好きな外飯メニューの紹介です。
ツーリング先での美味しそうなお店で地産の地元グルメもいいのですが、
親父の家では食卓で炭焼きするのを家内が嫌うので、、。普通そうですか?
外では思いっきり炭焼きです。一番ヘビーローテーションは網焼きステーキです!
image
 何かを我慢して、その分牛肉だけは、なるべく美味しそうな物を購入します。
ステーキ屋さんなら数千円する肉を、それと同じ金額分購入。量ではなく質重視! 
スーパーもいいのだけど、なるべく個人商店で買うようにしてます。
揚げたて自家製コロッケを売っているようなお店で、、、。
店主にアドバイスを受けて、オススメのステーキ肉を買います。
量が少ない時は、揚げたてコロッケと、何か他の肉も買い足します。
image
シンプルに塩コショーでもいいのでしょうが、保険で、これを。
肉だけでは飽きるので、これも大活躍!
セブンプレミアム「ずっと夢を見て、今も見てる。」
RCはレーシングクラブではなく、ある日作成しようでしたよね?
image

ここの牛タンスライスもいいですよ。
キャンプやツーリング時にでも本格派の方は、いちから料理するのでしょうが、、。
自分はコンビニ食材をすごく利用させて頂いています。料理ではないですね。
カップ麺も、フリーズドライスープも大好きです。
わざわざ乾麺を茹でる事すら、怠けてます。
ご飯も、おにぎりや弁当を購入します。
家では電気炊飯器を使っているのに、なんでツーリング時にわざわざ、炊飯?
スイマセン、言い過ぎてました。
いわゆるアウトドアクッキングとかのメニューとは、かけ離れていますね。
食いたい物を食いたい場所で、わがままに食いたいだけなのです。
それでもあったかい飯が食べたい時は、これを食べてます。
image
コンビニで買ったサトウのご飯の上にアツアツのこれをかけて、、。
網焼きステーキとともに、、。横須賀海軍カレー!
やはりミリタリーから離れられない親父ライダーでした。
 

ブログネタ
バイク大好き に参加中!

一回目のブログでオススメしたグローブですが、もう一度違うブランドで、、、。
今回はこれに。サングラスなどで人気のオークレー!
image
 オークレーのOのマークがさりげなく主張してますよね。
作りもやはり軍に採用される高品質な物です。銃器を自在に扱える機能性も。
ハードな状況でも兵士の手を守り続けてくれる健気な奴です。
砂漠地帯での戦闘を想定したデザートカラー、カーキとブラックが販売されてます。
image
 
バイク乗りにもいいと思います。
ただこの画像のような格好で国会議事堂、皇居周辺を走ると、職質されますよ。
せめてボトムはジーンズ、カーゴパンツぐらいに。
ツーリング先でも、怖がられないくらいのカジュアルさが、、。
ミリタリー大好きのくせに、全身ドップリは、なんかこっぱかずかしい親父です。
まぁファッションなんて好き好きで、人それぞれですが、、、。
でも、このグローブいいと思いません?

image

image
次に勝手にオススメは、コールマンのマットです。大型セルフ・インフレーターマット!
なんじゃそりゃ?   使用時に勝手に膨らむウレタンマットです。
オススメのポイントは、サイズと価格。
厚み40mm、1,980×630mm。収納時のサイズは160×730mm。
一般的なアウトドアブランドのより厚く大きいのが、オススメのポイントです。
市場販売価格は、¥4,000~8,000ぐらいだと思います。
自分は寝袋はいらないタイプですが、マットは妥協したくないわがままな親父です。
これの上にペンドルトンの毛布なんてのが好みなので、、、。
自分的には色も重要なポイントです。多少バイクから後ろにはみ出しても、、。

image
いろいろ好きな物積んで、気の向いた場所に行く為の相棒がオートバイですよね。 

このページのトップヘ